ビヨンセのメイクアップアーティストがグアシャを使う理由 – その自宅での使いかた

作成者 Chloe Beveridge

ビヨンセのメイクアップアーティストがグアシャを使う理由 – その自宅での使いかた

ビヨンセの肌が目標とされるのは、当然です。最近リリースされた、彼女の大物メイクアップアーティスである、サー・ジョンへのインタビューでは、グアシャと呼ばれる手法が使われていることが明らかになりました。Get the Glossによるインタビューで、彼は、伝統的な漢方医学に伝わる手法である、翡翠ローラーによる顔のマッサージでビヨンセの肌を「ウォームアップ」すると語っています。それから、ハート型のツールであるグアシャを使って、「血流を良くし、肌を健康的な見た目にする」そうです。これは、溜まっていた「気(エネルギー)」を解放して、循環を刺激し、癒やしをもたらすことを目的としています。この療法は、彼が好む、静かで、禅のような雰囲気も醸し出します。サー・ジョンは、すばやい衣装チェンジが要求される、バークステージの緊張感やピリピリした雰囲気とは無縁の人です。これから、グアシャの詳細とともに、自宅でビヨンセのような肌になる方法について説明いたします。

グアシャって、なに?

グアシャは、クリスタルのツールを使ったフェイシャルマッサージの1つの方法です(これはInstagramでたくさん見ることができます)。ただし、実際には、この手法は肌の改善を行う業界で数千年前から広まっています。古代の中国および東南アジアの伝統的な医療を出自とするグアシャは、家庭での即席治療として長きにわたって親しまれているため、「スプーン治療」または「コイン治療」と呼ばれることもあります。

グアシャは、顔の筋肉の緊張をほぐして、血流を改善し、リンパ排液の促進によってむくみをとることを目的としたマッサージ手法です。この手法によって、筋膜(筋肉を支えているものの、最適な血流を阻害する場合もある結合組織)がほぐされ、顔を(一時的にですが)よりスリムに見せることもできます。愛好者は、頭痛とあごの痛みを和らげ、(血流の改善によって)肌に輝きをもたらす、その効果に信頼を寄せています。長年にわたって悩まされてきた、筋肉のひだも引き延ばしてくれることから、フィラーの代用品と考えている人もいます。

翡翠のフェイシャルローリングとは、どこが違うの?

フェイシャルグアシャは、ローラーよりはるかにパワフルです。底を下にして置くと、グアシャツールはスイスアーミーナイフのようになり、1つのツールに10以上の機能と使い方が備わるようになります。力の入れかた、エッジの使いかた、ならびに速度と方向を変えることによって、肌のリフトにも、腫れの除去にも使用できるほか、表面のシワまたは奥深くの筋肉のはりにも作用します。その反対に、ローラーは1つのエッジしか使えず、基本的に機能は1つだけです。

あざができるのは、普通なの?

グアシャを手短に画像検索すると、もっとも大胆なDIYスキンケアの実験者でも尻込みするような、あざと毛細血管破裂の不気味な画像がずらずらと出てくるでしょう。しかし、これらの結果は、通常、体を酷使するような手法、あるいは不適切なフェイシャルトリートメントから生まれています。フェイシャルグアシャの効果を享受し、災難を避けるためには、正しいテクニックを身につける必要があります。自宅で適切に使用していれば、アザができることはないはずです。ただし、トリートメントの直後、その部位に赤みが出るでしょう。

自宅でのグアシャの使いかた

翡翠ローラーと同じように、グアシャは、過剰な摩擦がないように、セラムまたは保湿剤でお手入れされた、清潔な肌でもっとも効果を発揮します。当社では、肌を輝かせ、若々しくする、Hayouのビューティー オイルを好んでいます。グアシャツールをできるだけ肌と平行になるように傾け(エッジの部分を肌に真っ直ぐ突き刺すのは痛いので避けましょう)、空いているほうの手の指をツールの端の近くに添えて、抵抗を加えるようにし、それからツールを顔の外周部に向かうように、外側および上側に優しく滑らせます。それぞれのストロークの最後には、ツールを少しだけ小刻みに揺らせて緊張を緩めます(顔の端の部分には、働き過ぎの筋肉と顔靱帯のくっついたものがたっぷりあるからです)。頬や目の下といった腫れの出やすい部位に集中して、それぞれのストロークを3回繰り返します。肌の耐性がわかるようになれば、その回数を増やすことも可能ですが、10回は越えないようにしてください。

グアシャツールの選びかた

適切なツールを選ぼうとすれば、形状やサイズ、素材があまりにたくさんあり、選ぶのが億劫になることもありますが、なにより重要なのは、個人的な好みです。用途を最大限に広げるためには、少なくとも1辺の長い、真っ直ぐなエッジあるいはかすかにカーブしたエッジと、目の周囲で使えるようにカーブした、1辺の短いエッジ、およびあごの角度に合わせることのできるような「V字型」のくぼみのあるツールを選ぶようにしましょう。何より大切なのは、手にとって快適に感じられるツールを選ぶようにすることです。当社では、手のひらにぴったり収まる形状になっている、Hayouのビューティー リストアラーを好んでいます。

グアシャツールを購入する

前の記事

Clarisonic ミア スマートと新しいブラシヘッドの使いかた

次の記事

クラリソニック ミアスマートがすごい

コメントする

コメントは承認後公開されます