FOREO Luna PlayとLuna Goの違い

作成者 Chloe Beveridge

FOREO Luna PlayとLuna Goの違い

FOREO Lunaは誰でも使えますが、最初の1つを選ぶのはなかなか悩ましいと感じられるかもしれません。それぞれのLUNAには、さまざまな人の使用を想定した、特徴的な機能が搭載されています。シリコーン製クレンジングブラシのイノベーターであるFOREOは、スキンケアの悩みについては、つねに最前線に位置しています。他のクレンジングブラシとは違って、ブラシヘッドを交換する必要がなく、シリコーンは即座に乾き、多孔質であるため、超衛生的です。FOREOのクレンジングブラシは、T-Sonic振動によって肌の奥までクレンジングし、毛穴の目立ちを抑制します。これらブラシは、汚れ、油分およびメイクアップの残余物の99.5%を除去することが証明されており、これによって肌がゴージャスで、クリーンな見た目となります。また、耐水100%ですので、シャワー室でも、浴槽でも、お好きなところでお使いいただけます!

シリーズのなかでもっとも小さいクレンザーとなっているPlayとGoは、サイズは似ているかもしれませんが、異なっている点が多くあります。FOREO PlayとGoの違いを以下に説明いたします。

FOREO PlayとGoの違いとは?

The Difference Between the FOREO Luna Play and Luna Go

The Difference Between the FOREO Luna Play and Luna Go

PlayとGoはどちらも持ち運びするのにうってつけで、サイズはコットンパッド並みです! どちらもすべてのFOREOクレンジングブラシに共通する利点を備えていますが、これら2つには大きな違いがいくつかあります。

Luna Goには、以下のような特徴があります。

  • フルサイズのLuna 2のミニチュア版。
  • 充電可能で、1回の充電で最大30日間の使用が可能。
  • 特定の肌タイプに対応し、タッチポイントは油分の多い肌、混合肌、通常の肌および敏感肌を想定したもの。
  • 両面の使用が可能で、片方の面はクレンジング用、もう1方はエイジングケアマッサージ用。
  • 両面の使用が可能であるため、強度設定も2種類内蔵。
  • CurrentBodyにて11,900円で発売中。

Luna Playの特徴は、以下の通りとなります。

  • Luna Mini 2のミニチュア版。
  • 充電不可だが、最大100回の使用が可能。
  • あらゆるタイプの肌に対応する汎用性があり、太いほうのタッチポイントは油分の多い肌向けで、細いほうの毛先は敏感肌向け。
  • 強度設定は1つだけ内蔵。
  • CurrentBodyにて4,060円で発売中。

どちらが自分向き?

Luna Playは、シリコーン製音波クレンジングブラシを初めて使う人に向いています。フルサイズのバージョンに投資する前に、小型サイズの製品をお試し買いするようなものですね。

Luna Goは、大きなサイズのLuna 2をすでに所有していて、旅先やジム、週末のお出かけなどに携行する、小型のバージョンが必要な人にうってつけです。両面が使用可能であるため、エイジングケアの利点に興味をお持ちの方にも向いています。

どちらをお買い求めになるとしても、肌がきれいに洗浄され、肌につやが生まれているのを自覚できるようになるでしょう。

前の記事

Clarisonic ミア スマート vs Clarisonic ミア プリマ

次の記事

TriPollar STOP VとTriPollar STOP:どこが違うの?

コメントする

コメントは承認後公開されます