エキスパートがこっそり教える、LED光治療と赤色LEDライトセラピーの秘密

by vinona baines

• 14 June 2024

LED光治療、赤色LEDライトセラピーは、傷の治癒促進、炎症の抑制およびエイジングケアという効果によって、美容および医療の業界で確固たる人気を獲得しており、あらゆる場所で話題になっています。かつてはクリニックだけのものでしたが、今ではCurrentBody Skin LED ライト セラピー マスクのようなウェアラブルで、両手を自由に使えるデバイスも登場し、家庭での導入が急速に進んでいます。Netflixの「エミリー、パリへ行く」や複数の出版物を見れば、それはおわかりいただけるでしょう。これから、LEDダイオードバルブから肌にストレートに働きかける、赤色ライトセラピーの効果について説明いたします。

 

LED face mask

 

LED光治療について説明いたします

NASAが植物の生育を助ける目的で最初にこのテクノロジーを採用し、Navy SEALs(アメリカ海軍特殊部隊)はこのテクノロジーによって筋骨格を負傷した人の治癒を早めようとしました。細胞などの再生成を促す、この光セラピーが医療およびエステティックのプロに採用されたのは、それほど昔のことではありません。美容外科医のグリン・エステバネス博士は、このように説明しています。「このテクノロジーをわかりやすく説明しますと、植物が日光を吸収して、光合成を行い、組織の成長を早めているのと同じです。人間の細胞は光波長を吸収して、コラーゲンとエラスチンの生成を促進することができるのです」(Evening Standard紙の記事)

 

red LED before and after

 

LEDライトセラピーは、何に効くの?

LEDライトセラピーは、さまざまな波長を使って、肌での自然な細胞再生と修復のプロセスを活性化させます。コラーゲンとエラスチンを刺激する特性を持つ、赤色および近赤外線の波長を使うことで、速やかで、非侵襲性のエイジングケアが可能となります。

赤色ライトセラピーの波長は、しわ、小じわおよび炎症の抑制に適しています。また、ニキビ、酒さおよび日焼けにもとても高い効果を発揮します。

近赤外線は、最も深くまで吸収される波長です。エイジングのサインに対処し、肌の弾力を高め、炎症と赤みを抑制し、傷の治癒を促進します。

 

red LED light therapy

 

これらの波長を組み合わせることにより、即効的で、長持ちする効果が生まれ、肌がより新鮮で、滑らかで、健康的になります。さらに、酒さ、皮膚炎および乾癬といった、肌の他の症状および外見の不安にも対処します。顔と体の両方に対応する、この専門的なメディカルグレードのテクノロジーには、真の意味で肌を変革する機能が備わっています。赤色LEDライトセラピーのメリットは、肌の奥深くに届くだけではありません。ビタミンDの生成を促進する効果が臨床テストで証明されており、定期的なトリートメントによってストレスが減り、活力レベルが上がるのをユーザーは実感することでしょう。

 

LED before and after

 

赤色LEDライトセラピーによるエイジングケア

「赤色ライトと近赤外線ライトの波長は、炎症の抑制とコラーゲンの生成促進に大きな効果があります」と説明するのは、美容医師のアヤさんです。コラーゲンには肌にハリと肌理をもたらす効果がありますが、20代後半から自然に減少する傾向があると指摘する研究もいくつかあります。そこから、「プレジュビネーション(予防目的の再生術)」という用語が生まれるようになりました。

Evening Standard紙には、次のような記述があります。「『プレジュビネーション』は、正しいスキンケアルーティンと非外科的なトリートメントを組み合わせることで、コラーゲンの生成を促進し、肌のバリアを強化するという、予防的なプロトコルです」と話すのは、11 Harley Street Cosmetic Clinicの美容外科医であり、創設者である、ヤニス・アレクサンドリデス医師です。エイジングケアについて言えば、予防も重要だと言うのは、高い評価を受けているエステシャンのアフメド・エル・ムンタサール氏で、「予防は治療よりつねに重要」と同氏は言っています。肌をリフレッシュしたいと思う人には、赤色ライトセラピーが、年齢にかかわらず肌を若返らせるスキンケア効果をもたらしてくれるでしょう。

 

collagen

 

LEDフェイスマスクの使用前と使用後

Evening Standard紙は、「美容テクノロジーはCurrentBodyの大黒柱」と書いています。そのように書かれるのは、当社オリジナルの赤色LED ライト セラピー マスクが、大スターやセレブリティのメイクアップアーティストや世界中のお客様に愛されているからなのかもしれません。このマスクは、赤色(633nm)と近赤外線(830nm)の波長を使用しているため、家庭でプロがやるようなエイジングケアを再現することができます。「私は家庭用デバイスで複数の患者を処置してきましたが、大きな効果が出ています」とアヤ医師は言います。「家庭用デバイスはすばらしく、私たちがクリニックでやっているのと同じような効果が出ますし、それ以上の効果が出る場合もあります」

 

LED before and after

 

CurrentBodyのターゲット別LEDデバイスをトリートメントに取り入れ、首とデコルテ、目、唇および手の若返り(または「プレジュビネーション」)を目指しましょう。それぞれのデバイスが、最適な量のLEDライトを照射し、一人ひとりのエイジングの悩みに対処できるように設計されています。アジア人に多く見られる肌の悩みを研究して開発されたCurrentBody Skin LED 4イン1マスクや、忘れがちな首とデコルテをケアできるCUrrentBody Skin ネック&デックパーフェクター、顔を含む全身に使え、世界中のサロンでプロのエステティシャンによって愛用されているDermalux フレックス MDに始め、その他幅広く取り扱っております。

 

LED Red Light Therapy

 

CurrentBody Skin グリーンティー セラムでLEDライトの成果をさらに高めましょう。LEDライトセラピーの肌のハリ感を再生する効果は臨床で立証されていますが、LEDトリートメントの前にCurrentBody Skin グリーンティー セラムを塗れば、小じわがさらに抑制されることに気づくでしょう。洗浄したばかりの肌に数滴塗布するだけで、ペプチドやビタミンCなどの成分によって、肌に潤いが生まれ、炎症が抑制されます。LEDライトセラピーのセッションのあとには必ずこのセラムを使って、肌のハリと潤いをさらに高めましょう。

share
LEDライトで傷痕を改善
GINZA 7月号掲載